ラグビーのルールであるインテンショナルについて解説していきたいと思います。

インテンショナルとは、意図して反則行為をすることを言います。

インテンショナルはよくノックオンと一緒に使われる反則です。

それではインテンショナルノックオンについて解説していきます。


1.インテンショナルノックオンとは

インテンショナルノックオンとはわざと前にボールを落とすことです。

ラグビーでは故意のプレーは重い反則に扱われます。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

ノックオン自体は軽い反則なのですが、意図してやるインテンショナルノックオンはペナルティーの反則になってしまうので注意が必要です。

そもそもノックオンは偶然起こってしまう反則です。

ノックオンの定義は前にボールを落としてしまうことです。

しかし、手や腕以外が当たって前に落ちたとしてもそれはノックオンにはなりません。

足や頭などに当たって落ちた場合はノックオンにはならず、そのまま試合が続行します。


2.どんなシチュエーションで起こるか

ラグビーのルールではインテンショナルノックオンというのはペナルティーの重い反則になります。

よく起こるシチュエーションはパスをしているボールを奪おうとして、それをディフェンス側がボールを故意に弾いてしまうとインテンショナルノックオンが取られます。

インターセプトする場合はボールを弾いて邪魔をするのではなく、しっかりとキャッチすることことによってインテンショナルノックオンはとられません。

インターセプトは賭けの場合が多く、失敗するとディフェンスに穴があくだけでなくそこを突かれてゲインラインを切られてしまうので注意しましょう。

また、ペナルティーなどのアドバンテージがある場合でもインテンショナルノックオンが起こる可能性があります。

ペナルティーのアドバンテージをもらいたいがためにわざとプレイ中にノックオンしたとレフリーに判断された場合はインテンショナルノックオンを取られる可能性があります。

実際に私がラグビーをしていた時レフリーの方に相手の選手が注意されていましたが、この場合はレフリーによってジャッジが異なる可能性があるので、アドバンテージをもらいたいからといって故意にノックオンすることはやめておきましょう。

見出し3:最後に
インテンショナルノックオンはラグビーの試合の中でもそんなに多くある局面ではありません。

しかし、ルールを知らずにインターセプトをしにいき、ボールを弾いてしまうとインテンショナルノックオンを取られる可能性があるので注意しましょう。

今回はラグビーのあまりコアではない部分について解説してきました。

頭でもルールを理解しておくことは重要です。

どんな場面でも冷静に判断して試合に臨めるようにしましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ