ラグビーでセンターに選ばれる人って体格がしっかりした選手が多いと思います。

確かにコンタクトが一番多いポジションでタックルやアタックする機会が多いポジションであると言えます。

しかし体格が大きいだけでは務まらないポジションだとも言えます。

コンタクトフィットネスがどのポジションよりも必要であるからです。

それではセンターに必要なスキルやフィジカルについて解説していきたいと思います。

1.倒れないことが重要

センターというポジションはラグビーの試合の中でもコンタクトの多いポジションだと言えます。
そのため相手にタックルされても倒れない。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

タックルされて2秒は立っていないと味方のプレイヤーが来る前にボールをジャッカルされてしまいます。

この倒れないためにはどうしたら良いのかということをお話ししたいと思います。

1.ずらしてタックルを受ける

相手のタックルをまともに正面から受けるのはナンセンスです。

タックルをまともに受けると、体力の消耗が激しいのと2秒間立っていることが難しくなります。

こういったプレーばかりしていると試合の最後まで走り続けるのは難しいと思います。

相手ディフェンスを吹き飛ばして突破するという方法もありますが、全ての相手に通じる訳ではないので、いかに相手のタックルをずらして突破するかというスキルを身につける方が得策だと言えます。

2.フィジカルを鍛える

フィジカルとは体幹のことを言います。

体幹トレーニングを行い、簡単に倒れない体を作るようにしましょう。

また、俊敏性を鍛えたり、インカット、アウトカットで相手を抜く練習もしましょう。

2.インサイドセンターの体格

インサイドセンターは突っ込んで来るフォワード選手に対してもタックルにいかなければならない場面が多いと思います。

ある程度体を鍛えておかないと突っ込んできた時に弾き飛ばされてしまいます。

またアタックではスタンドオフをサポートできるようにラグビーのゲームに対しての理解度が高くなければなりません。

ラグビーではただ体が大きければ良いという訳ではありません。

俊敏性がないとインカットされたり、足の早いバックスに簡単に抜かれてしまうからです。

体重ももちろん大事ですが、俊敏性があったり細くてもフィジカルがあれば通用すると思います。

3.アウトサイドセンター

アウトサイドセンターは主にアタックで突破するということが多いと思います。

またディフェンスでもウィングの選手を止めなければならない場面も多くこちらも俊敏性とフィジカルが重要になってきます。

アタックでは突破役としてインサイドセンターよりは体格が大きい選手が担うことが多いかもしれません。

インサイドセンターはスタンドオフ的な側面も必要ですがアウトサイドセンターはナンバーエイトやフランカーといった側面が必要になって来ると思います。

以上センターはコンタクトの多いポジションのためコンタクトフィットネスを試合の最後まで継続するということが重要です。

試合の最後まで走りきれるコンタクトフィットネスを身につけましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ