もしあなたが他のスポーツに比べてラグビーが特別に面白いと思ったとすれば、それは激しいコンタクトプレーを抜きには語れないでしょう。

多くのスポーツが対戦相手にぶつかる、あるいは接触することすら禁じられているのに対して、ラグビーはそれが競技の中心にあるスポーツです。

アメリカンフットボールやアイスホッケーも激しいコンタクトがありますが、堅い防具をつけずにほぼ生身のプレイヤー同士がぶつかり合うのはラグビーだけと言ってもいいでしょう。

プレイヤーとしては、怪我を防止することに加え、コンタクトプレーによって相手より優位に立つためにも、基本をしっかり身に着けて試合を迎えましょう。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ


1.コンタクトの基本

コンタクトのとき、必ず押さえてほしいポイントがあります。

それは、相手にヒットするその瞬間、「相手に近い方の足が地面についている」ことです。

理由は簡単で、足が地面についていなければ強い衝撃に対して踏ん張ることができないからです。

しかし、意外に多くの初心者がこの基本ができておらず、相手に当たられてそのままよろけたり倒れたりしてしまうのです。

上達の近道は、ヒットの直前に相手に近いほうの足をほんの少し浮かせ、ヒットの瞬間に地面を強く踏むように接地することです。

足は地面から1ミリでも離れれば大丈夫です。

これを意識するだけで、ラグビーのコンタクトは見違えるほど強くなります。


2.コンタクトの形の基本

プレイヤーはボールをしっかり持ち、腰を落として当たる姿勢を作ります。

必ず、片方の足を前に出してコンタクトの「面」を作るようにし、後ろの足で体が押し込まれないように踏ん張ります。

相手に対して完全に横を向いて体側から当たられると、ほぼ確実に当たり負けます。

相手とのヒットは、必ず前を向き、前に出した足と同じ側の肩、上腕、前腕で三角形を作るようにし、それを当たる「面」とします。

コンタクトの瞬間に体幹を固め、腰、上半身がぶれないようにします。

もう一度言いますが、足は当たる瞬間に必ず地面を踏み込むようにしましょう。


3.具体的な練習

初めは、プレイヤーはその場から動かず、ダミーを持った人がプレイヤーに当たりに行くようにします。

まずは軽く当たってもらい、体幹を固め、足を踏み込むタイミングを覚えてください。

徐々にダミーで当たる強さを大きくしていき、コンタクトの感覚をつかんでください。

それに慣れてきたら、今度はプレイヤー側からヒットしに行きます。

初めは2~3歩で、慣れてきたら少し離れたところから軽くスピードをつけて、しかしコンタクトの瞬間は必ず最初に覚えた形になるように気を付けてください。

ある程度ヒットする形を覚えたら、ダミーなしで人対人で当たってみましょう。

ほぼ生身の人にコンタクトするのは意外に難しいものですが、これぞラグビーの魅力ですから、どう当たればうまく相手に力を伝えられるか、常に考えて当たりましょう。


4.まとめ

いかに「コンタクトの瞬間に」ぐっと体幹を固められるかが、コンタクトプレーの上達を左右します。

当たっていないのに体を固めていると、動き全体が固くなるからです。

何度も練習しているうちに必ずタイミングを覚えますので、地道に繰り返して体で覚えてください。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ