私はラグビーが上達する上で必ず必要だと思うのが食事です。そして食事の重要性に気づいているチームは強いチームが多く、チームで食事の考えを統一しているチームはいいチームだと考えます。


1.ゴールデンタイムを逃さないようにする

まずはすごく重要なキーワードのゴールデンタイムについて説明させていただきます。ゴールデンタイムとは運動、つまりトレーニング終了後30分以内に食べ物を食べる事により身体への吸収率が上がる時間帯の事を言います。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

筋力トレーニングに限らず練習を行うと少なからず筋肉は痛みます。筋肉は修復を繰り返し大きくなる物です。そして筋肉を大きくなるには栄養が必要なのです。その栄養素の吸収がいいのがトレーニングの30分以内になります。

この30分の間に少しでもいいので食事を入れて欲しいのです。おにぎり1つでもいいプロテインバー1本でもいい、たんぱく質が多い食べ物じゃなくてもいい、とにかく食べる事が重要なのです。

私は今まで食べても食べても大きくならないラグビーの選手を沢山見てきました。ですが私が思う事は単純に食べる量が少ないのです。

もっと細かく言えば食べる量が増やせないならば食べる回数を増やし1日6食にするべきです。細い子に多いのが食べるスピードが遅かったり一回の食事の量が少なかったりです。

強いラグビー選手になりたいならば食べる内容に気を付けて前に根本的な食べる量を考える事をオススメします。


2.私的食事オススメ

続いて私なりの食事に対しての考えや食事のとり方などを紹介していきます。

私は中学生、高校生、に対してこの文章を読んでほしいと考えているのですが、特に中学の時などは食事を自分で管理する事が難しいと思います。ですがなにより量を食べて欲しいのです。太ってしまうから、動けるようにしたいからと学生の時は思う事があると思いますが、食事の量を減らしてしまえば傷がついた筋肉の修復は遅くなるばかりです。そして足が速いから体重を落とすと言うのは間違っていると考えています。

例えば短距離の人間は身体が細いですか?スピードを付ける為に彼らは筋力をつけて爆発的な力を生み出します。筋肉はやり方さえ間違わなければ必ず大きくなります。筋肉が大きくならない人、身体が大きくならない選手はやり方が間違っているのです。

人間は消化が速い人間がいたり身体が大きくなりずらい人間もいます。ですが方法を信じて行い続ければ必然と身体は大きくなっていきます。

続いて食事のとり方ですが、オススメしたいのは1日6色です。

朝起きて朝ごはんを食べ、お昼の間に捕食を入れますバナナ1本でも構いませんそしてお昼をしっかり食べて夕飯までに捕食を入れます。パンなど炭水化物系がいいでしょう。そして夕飯を食べて夕飯後に捕食などを入れます。

学生だと難しい事かもしれませんが母親などに相談してご飯回数を増やしてみましょう、身体は確実に変わっていきます。パワーと言うのはスピード×重さなので単純に体重が上がるだけで力は伸びます。そこに筋肉を付けさらに身体を重くしていきましょう。

ラグビーを上達させる為に必ず必要となってくる食事。自分の体と向き合うことによりラグビーがさらに上達していきます。しっかり食べしっかり上手くなりましょう!



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ