ラグビーの試合の中でジャッカルというのはとても大事なスキルになります。

一方で、レフェリーによって若干異なるルールの判断があり、反則になる場合があり難しいところでもあります。

なので今回はそのジャッカルする際に取られやすい反則のルールなどにについても説明していきたいと思います。

1.ジャッカルとは

まずジャッカルとオーバーの違いについて解説していきたいと思います。

オーバーとはその名の通り「超える」という意味で、相手をどかしてボールを味方側に獲得していくプレーになります。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

そしてジャッカルとは真っ先にボールを取りにいくプレーになります。

オーバーと違うのはボールを越えていくというよりも、ボールを直接狙いにいくというプレーになります。

ジャッカルが技術が重要視されるのは1人でもボールに働きかけることができる点です。

オーバーは1人で越えていくのは難しいです。

しかし、ジャッカルだとボールを奪うことができなくても相手のアタックテンポを遅らせることができるし、ジャッカルのプレイヤー以外はディフェンスにまわることができます。

ジャッカルがうまいプレイヤーはオーストラリア代表のポーコック選手などです。

体はかなり大きいとは言えませんが、このジャッカルの技術がずば抜けています。

また、日本では布巻選手や金選手も世界で通用してるフランカーだと思います。

それではジャッカルで取られやすい反則についてみていきましょう。






2. ホールディングをしないようにジャッカルするには

ラグビーのルールの反則にホールディングというものがあります。

これはジャッカルする上で取られやすい反則であり、ジャッジするのも難しいといいます。

ディフェンス側のプレイヤーがタックルしてそのままボールに絡みにいくとホールディングを取られます。

タックルプレイヤーとセカンドプレイヤーが注意しなければなりません。

タックルが成立した場合、タックルしたプレイヤーは一旦相手選手を離してからボールに絡みにいかなければなりません。

ホールディングを取られないためにはタックラー、セカンドプレイヤーは両手をタックルしたプレイヤーを離すという行為をレフェリーに見えるくらい行う必要があります。

コンマ何秒かの攻防のためボールを奪いにいくという意識が強すぎると一旦離すという行為を忘れてしまうため、注意が必要です。

3.そのほかの反則

ラグビーのルールはラックが起きる周辺が難しいところです。

ジャッカルをしにいったと思っても、それが反則になってしまったりラグビー歴が長くても判断が分かれるジャッジがあるのも事実です。

ジャッカルをしにいき取られやすい反則は他には、ハンドやオーバーザトップなどもあります。

ハンドをとられないためにはラックになったらボールから手を離さなければなりません。

オーバーザトップは味方プレイヤーに後ろから押されたり、自ら相手側に倒れてしまうと取られてしまうので自立して立っておくことが必要です。

以上ラグビーのジャッカルのルールと起こりやすい反則について解説してきました。

ジャッカルはラグビーの中で難しい技術でもありますが、最も重宝される技術でもあるので頑張って練習してください。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ