ラグビーのパスの反則について解説していきたいと思います。

ラグビーは前にはパスすることができないということをご存知のかたが多いと思います。

前にはパスしては反則になってしまいますが横にはパスすることができるのです。

細かいことはわからないという方のためにラグビーのパスの反則について説明していきます。

1.ラグビーのパスの反則ナンバーワンのノックオン

ノックオンはラグビーの試合でもよく目にすることがあると思います。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

よく目にしてはいけないのだけれども。笑

ノックオンは前にボールを落としてしまう反則になります。

ここで注意しなければならないのは、意図せずにということです。

レフェリーによって意図的にノックオンをしたなと判断された場合にはペナルティーを取られる可能性があります。

ラグビーでは試合で反則が起きたとしても継続するよう努めるというのがあります。

オンプレーを長くするためです。

そのため、故意にノックオンすることは重いペナルティーになるのです。

それではなぜ故意にノックオンをするプレーがあるのでしょうか。

それはアドバンテージをもらうためです。

相手側のペナルティーによってアドバンテージを得られた場合はマイボールをキープしているとオンプレーとして扱われすぐには笛が吹かれないことがあります。

その時に早くペナルティーをもらいたいと思って、ノックオンをしてペナルティーをもらおうとすると、インテンショナルノックオンという反則を取られる場合があります。

意図的にノックオンをしたとみなされるペナルティーになります。

ラグビーのルールははっきり言って難しいです。

経験者じゃない人がラグビーを語ろうとすると、経験者からは初心者だなーって思われてしまうくらい難しいです。

パスに関しての反則でしたが、パスに関連するためノックオンについて解説しました。

2.スローフォワード

パスする際に気をつけなければならない反則です。

ラグビーボールを前に投げてしまうとスローフォワードという反則をとられてしまいます。

レフェリーがボールを投げている真横の線上にいた場合は正しく判断され易いですが、試合中真横だったでしょと思ってもスローフォワードを取られる場合があるので、できるだけ真横よりも少し後ろに放るつもりで投げたほうが良いでしょう。

バックス陣はカットインなどのプレーをする際にスローフォワードが取られ易いのでタイミングを合わせて練習してするようにしましょう。

パスに関してはただ前には放るなと覚えておけば初心者の方はラグビーを覚え易いと思います。

普段スローフォワードをよくやってしまう方は、自分より少し斜め後ろに放る意識を持って練習してみましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ