ラグビーの司令塔と言われるボジション、スタンドオフはラグビーにおいて重要な役割を担うポジションです。

スタンドオフだけに限りませんがラグビーにおいて重要なポジションはいくつかありますが今回はスタンドオフをピックアップして紹介させていただきます。


1.スタンドオフで重要なのは何?

スタンドオフに必要な能力はどんな能力だと思いますか、ゲーム理解力やゲームコントロール、パス能力など様々な事が上げられると思います。

私はその中でもディフェンスの能力がスタンドオフにとってすごく重要な要素だと考えています。なぜかと言うとスタンドオフが抜かれてしまうと真ん中を抜かれる事と同等だと考えます。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

後もう一つはNo8など身体が大きい選手もスタンドオフを狙って来たりしますよね、なのでラグビープロ選手や海外の有名選手などはみなディフェンスが上手な人が多いです。

根本的な身体を当てるディフェンスではなく今回紹介させてもらう練習メニューはサイドタックルになります。

No15

やり方は簡単です。黒●がディフェンス、赤●がアタックです。ディフェンスの人間はうつ伏せでダウンします。誰かにコールしてもらいコールが鳴ればディフェンスは立ち上がりディフェンスをするアタックは反対のマーカーにトライしに行く事が目的です。

アタックはステップも踏むことなく真っ直ぐ進んでもらいディフェンスは横からタックルつまりサイドタックルをする事になります。体をしっかり相手の中心に当てトライをされないようにしっかりタックルしましょう。


2.判断する速度を速める

続いて紹介するのはスタンドオフに必要な能力の1つである判断スピードを上げる練習メニューを紹介させてもらいます。

練習の行い方をまず説明します。アタックがハーフ+スタンドオフ+2枚。ディフェンスが2枚で行います。1枚余っている状態なのでディフェンスは意図的にスタンドの前か+2枚どちらかの前を開けます。

スタンドオフは状況を判断しながら自分で持っていくかそれとも横の人間にショートを入れるのかそれともカットパスをするのか判断が必要となってきます。

最初はスピードを落として行っても構いませんが試合で使おうと思った時には試合と同等のスピードで行い練習する事が大切になってきます。

また、スタンドオフは味方の能力を引き出すのも重要なスキルです。

この選手はこのように走る癖があるなど選手によりパスを変えたりパスを取りやすくしてあげたり工夫を色々してみましょう。スタンドオフの練習だけでなく貰い手の練習にもなります空いてる場所を

スタンドオフが上達していけばチーム自体の能力はアップするでしょう、しかしスタンドオフが不調な時などはゲームコントロールが不安定になってきます。安定したパフォーマンすをするために沢山練習を行い、沢山上達しましょう。

ラグビーの司令塔は10番スタンドオフです。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ