ここからは、ラグビーの各ポジションについて説明していきます。まずはフッカーです。背番号は2番。

スクラムの際は、フォワード最前列の真ん中でフッキングを担当したり、ラインアウトではスロワーを担当するなど、特殊な役割を任されるポジションです。

一方で、第二のナンバーエイトのような役割も担う重要なポジションでもあります。


1.フッカーの役割

フッカーの役割として特に重要なのは、以下の3点です。

・フォワード最前列で相手と対峙しつつ、スクラムを安定させること。

・フッキング(スクラムに入ったボールを足で掻き、後ろに送る)を確実に行い、味方ボールとしてボールを出すこと。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

・ラインアウトのスロワーとして、ラインアウトからいい攻撃ができるよう良いボールを投げ入れること。


2.スクラムでの役割

フォワード第1列の真ん中にいるフッカーは、プロップと同様にスクラムを組む際に相手と激しくぶつかり合います。

相手と激しく駆け引きしながら、フッキングという重要な仕事もこなさねばなりません。

フッキングをする瞬間は、フッカーは片方の足だけで踏ん張るため状態が不安定になりやすいのですが、それでも当然のようにいいボールを出してくるのがいいフッカーです。

このようにフッカーには器用さも求められるため、プロップは体の大きい選手が普通ですが、フッカーは小回りの利きやすい比較的体が小さい選手も多く見られます。

それでもスクラム最前列ですから消耗は激しく、体もしっかりと鍛え上げていなければ務まらないと言ってもいいかもしれません。


3.ラインアウトではスロワー

ラインアウトのスローインはルール上誰がやってもいいのですが、プロップ、ロック、フランカーはその能力特性に合わせた役割がラインアウトでも重要であるため、普通はフッカーがスロワーを担当します。

ラインアウトでいいボールが出せるかどうかはフッカーのスローで決まると言っても過言ではなく、ラインアウトが安定しているチームは、目立たなくても優秀なフッカーがいる証拠とも言えます。


4.冷静に試合を見られるリーダー役でもある

フッカーは、スクラムとラインアウトというラグビーでの主なセットプレー両方でとても重要な役割を担っています。

スロワーであるということは、ラインアウトではその場の状況を見極めてプレーを決める役割もあるのです。

特筆すべきは、スクラムからボールが出たあとフォワードのプレイヤーとしては動き出せるのが最後になるため、フィールド全体を落ち着いて見ることができることです。

また、バックスがタックルされたポイントに最初に行くのは第三列の選手ですが、そこからさらに展開するときには、フッカーがナンバーエイトのような役割を果たしています。

2次攻撃以降は、フッカーが適切な指示を出せるかどうかで、結果が変わってくることもあるのです。

その意味で、リーダー役としての素質も求められると言えるでしょう。


5.まとめ

歴代の各国代表チームを見ても、キャプテンにはフッカーの選手が就いていることが多いです。

フォワード最前列で激しくぶつかり合いながら、ボールを扱う器用さも持ち、試合を通じて冷静に状況を見ていられることから、適任なのでしょう。

フッカーは目立ちませんが、ラグビーの試合を見るときにはフッカーの選手に注目して頂くのも良いかもしれませんね。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ