ラグビーにおいて、タックルは、守備で使われるものではあるものの、攻撃的な要素を多く含んでいます。

一方で、ウィングは、両サイドに位置することから、他のポジションとは違った意味を持ちます。

ウィングにおけるタックルのあり方を少し考えてみましょう。


1.ウィングの役割とは

フィールドの両端の左右にそれぞれ位置し、スピードやステップで相手の裏に抜け、繋いできた球を持ってトライゲットするフィニッシャー的要素の強いポジションです。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

守備の面では、フォワードの密集から一番遠い所に位置するため、カバーリングがなかなかできにくい場所でもあります。


2.ウィングのタックル


1.自信を持って積極的に仕掛ける

外側のポジションにいることは、すなわち、スピードのついた相手に対して、いかに負けずにタックルにいけるかということになります。

ウィングというポジションは、攻撃では足の速さが大切ですが、一方で守備では、相手のスピードに負けない力強さが求められます。

普段の練習から、相手の動きを良く見て、タックルのポイントを決めるようにしてください。

自分で決めたポイントに積極的に仕掛けることで、強いタックルポイントができるようになります。これがタックルが上達する方法です。


2. 相手を外へ追い込む

ラインに球が渡って行くのを見ながら、対面する相手との距離が縮まっていきます。

その時、重要なことは、相手の正面に立たないということです。

内側からは、カバーリングでスタンドオフやスクラムハーフ、そして、フランカーなどが付いていますが、外側にはタッチラインと自分しかいません。

そこをスピードで抜かれないためには、内側から外側へ相手を追い込むように、相手よりも内側にポジショニングする必要があります。

その時、内側にステップで切り返されることを想定して、相手がステップを切る前にタックルに入ることが重要になります。


3.とにかく止める

ラグビーでは、ゲインラインを突破して、攻撃を繋げることで、前進することができます。

ウィングのポジションは、展開された場所なので、まず、相手の前進を止めることが一番重要なことになります。

タックルのポイントをステップでずらされたり、ハンドオフでかわされたりして、突破されることが一番いけないことです。

スピードが乗った状態だと難しいのですが、対格差のある相手などには、スマザータックルを使う方法があります。

相手の上半身を抱え込むようにして、廻し、同時に、足を掛けて倒すというやり方です。


4.まとめ

ウィングのタックルは、まず、スピードとコンタクト時の衝撃に対する恐怖を乗り越えることが重要になります。

それから、タックルミスが得点につながりやすい重要なポジションであることの自覚が必要です。

辛抱強くタックルに入るのを我慢することも重要なポジションになります。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ