ラグビーでタックルされて受け身がうまく取れないと腕を骨折したり、打撲する可能性がります。

タックルされた際に正しい対処や受け身の仕方について解説していきたいと思います。

1.そもそも受け身を取るな

いきなり何をいっているのかと思ったかと思います。

そもそも受け身を取るなとはどういうことかを説明していきたいと思います。

1.タックルを受けた際には自分からダウンボールできるようにする

タックルをまともに受けると良いダウンボールができず、また力負けした場合なかなか前に進むことができません。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

なのでタックルを受けるときに相手の圧力をずらしてあげる必要があります。

まともにコンタクトして吹き飛ばそうとする人もいるかもしれませんが、それは自分よりもコンタクトが強い人がいたら力負けしてしまうので、ずらしの技術を身につけた方がラグビーのスキルが上がっていきと思います。

ずらすことができれば相手のタックルを受けても立っていることができるし、味方に対して良いダウンボールが可能になります。

2.仰向けにされないようにタックルを受け流す

タックルをまともに食らってしまった場合、コンタクトの瞬間にできるだけ圧力を逃がせるように回転して見ましょう。

そうすれば一歩でも前に出られるはずです。

2.受け身を取らざる得なくなってしまった場合

どうしても受け身を取らざる得なくなってしまう場合もあります。

その際には怪我をしないように首は固定しながら倒れるようにしましょう。

これは仰向けに倒されてしまった場合ですが、首を固めないまま仰向けに倒されるととても危険です。

相手の体重ものっかてくるので、より強い衝撃になり頭の脳震盪だけじゃ済まない場合もあるので、首は絶対に意識するようにしましょう。

3.うつ伏せに倒れるようにしましょう

仰向けに倒されると上記のように危険な倒れ方になり、頭をひどく打つ可能性が高くなります。

なのでタックルされて、やばいと思ったら上半身を使ってうつ伏せに倒れるようにしましょう。

うつ伏せに倒れるようにすると、地面と体の間にボールが挟まるので頭を地面に打つ可能性が低くなります。

またこのとき手を地面に直接つかないようにしましょう。

手が突っ張り棒みたいになると手を骨折してしまいます。

ラグビー初心者や小学生に多いのでしっかりと体から受け身を取るようにしましょう。

ラグビーでタックルされる側も同様に恐怖感があると思いますが、これは数多くこなして慣れて行くしかありません。

痛みにもなれなきゃラグビーはやっていけないので体を張って頑張りましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ