正面タックルはラグビーにおいては、基本のタックルであり、究極のタックルでもある、ある意味非常に難しいタックルです。

決まると、これほど気持ちの良いタックルは無く、達成感もありますが、決めるためには、それなりの修練が必要です。

ラグビーが上達すればするほど、難しくなり、相手次第では、決まらないことの多いタックルでもあります。


1.正面タックルの難しさ

対面する相手を正面に見て、まっすぐ相手に向かっていき、タイミングを合わせてタックルに入る、ただそれだけです。

ただし、相手は、タックルマシンではありません。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

ステップをしたり、スワーブをしてコースを変えたりして、タックルポイントが定まりません。

右肩で行くか、左肩で行くかさえ、正面だと直前までなかなか決まりません。

通常は、インからアウトにかけて、少し斜めに入ります。

それは、相手が多少動いても、捉えられる範囲で修正できるからです。

しかし、真正面から入るとなると、お互いのベクトルが正面衝突するわけです。

強いコンタクトと同時に、相手も自分も強い衝撃を受けます。

タックルが上手く入り、押し勝てば、相手の攻撃を抑え、そこから反転攻撃に移り起点になります。

逆に押し負ければ、ラインを破られ、得点される危険な状態になってしまいます。


2.士気を上げるタックル

そうしたリスクを負いながらも、正面タックルにこだわる意味は、流れを変えたいという強い意志の表れだからです。

それには、勇気、技術、体力が必要です。

たかがタックルといえども奥が深い。

正面タックルにこだわることで、初めてラグビーの深みを知ることになります。

正面の相手がパスを受けた瞬間や、パスを出す瞬間に合わせて入るのが必殺タックルのタックルポイントです。

パスを受ける時や、パスを出す時、一瞬、無防備になります。

それは、神経がそこに集中しているからです。その隙を狙うのです。

姿勢は、背中をまっすぐにし、下から上に突きあげるスピードで、入った瞬間からさらに足を掻き、前に進む。

バインドをして、テコのように、相手の上体を押し倒すわけです。

それ以外のシチュエーションで、正面タックルを行うのは、失敗するリスクが大きいですが、やるべき時はやるしかないですね。

受ける形では相手に押されてしまいますので、こちらから攻める気持ちをまず持って、衝撃に耐えうる姿勢を準備して、一歩前に出る気持ちでタックルをしてください。


3.まとめ

強い正面タックルで、相手を倒すことは、とても快感が得られる瞬間でもあります。

一つの勝負に勝ったのですから。

正面に入る利点は、相手にとってはパスが出来なくなるということもあります。

真後ろに倒されながらパスはできません。

もし、パスをすれば、それがこちらのチャンスボールとなります。

タックル上達の一つの目安が、正面タックルの技を持てるか否かです。

顔を上げ、入る直前は、低い姿勢で、こちらから仕掛けて、タックルをしてください。

こちらのタイミングで入ることで、相手は受け身になります。

間合いを取られないように、タックルに入るスピードアップの練習をお勧めします。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ