ラグビーにおいて、タックルは防御の手段ではありますが、攻撃の手段でもあります。

それは、気持ちの持ち方次第で、タックルは、積極的なものにもなるし、逆に消極的なものにもなるということです。

ラグビーのタックルは、飛び込む勇気と、自己犠牲の誠意という精神=気持に大きく左右されるプレイでもあるからです。


1.なぜ、タックルを掛ける方が有利になりえるのか?


1.ボールを持っているか持っていないかの違い

相手はボールを持ち、そのボールを運ぶ役目を持っています。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

タックルを掛ける方は、何も持っていない分、自由に身体を動かすことができます。

獲物を狙うように、優位な立場にいるという気持ちを常に持ち、タックル術を身につければ、相手を捕まえ、倒すことが容易にできるということを理解してください。

上達すると、相手の動きが予想でき、タックルポイントが見えてきます。


2.最大の防御にして最強の攻撃の起点となるタックル

正しいタックルで正確に入ることができる角度を確保したら、相手は逃げられません。

タックルが決まれば、相手は倒れ、攻撃がそこで止まります。

相手のジャージを掴んだり、引っ張ったりしても、止まりますが、倒すまでに時間がかかり、容易にパスをつなげられてしまいます。

タックルに込められた気持ちが強ければ強いほど、相手が受け止める余裕は少なくなります。


2.勇気を持つためには、相手が見えていないとダメ

スピードに乗った相手にタックルを仕掛けるのには、やはり勇気がいります。

タックルが上達するには、タックルに入る前段階で、相手のコースを狭め、低い姿勢で、間合いを詰めて行かなければなりません。

また、タックルを決めるためには、技術的なことは勿論ですが、タックルに入る勇気を持たないと、中途半端な形で入ってしまうと、たとえ、形としてはタックルになっていても、外されたり、飛ばされたりしてしまいます。

常に相手の動きを見て、コースを見極め、コンタクトの瞬間も目を閉じないで当たって行って下さい。


3.まとめ

ラグビーは、格闘要素の多いスポーツです。

格闘技にはつきものの、モチベーションの高め方を練習してみましょう。

イメージトレーニングが上達すると、強い気持ちで戦うことができるようになります。

タックルが決まることは、闘う気持ちを表現することになり、チームの士気も上がり、魂が奮い立つことになります。

試合が劣勢になっていくと、戦う気持ちが失われ、それはタックルに如実に現れてきます。

また、戦う前から、気持の面で負けているということもあります。

格闘とは、或る意味、命をかけて戦うことを意味します。

ラグビーにおける意思統一の重要性、チーム全員の気持ちの強さが、タックルに現れるのです。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ