ラグビーでは、いかに相手に対して強くヒットできるかということはとても重要なのは言うまでもありません。

強いヒットができれば相手に一定の恐怖心を与えることもでき、試合を有利に運ぶ要素にもなり得ます。

これまでも、強いタックルをするために注意しておくことなどについて触れてきましたが、改めておさらいも含め、もう一度ここで触れておきたいと思います。


1.ヒットの瞬間は足を地面に強く接地すること

ラグビーではヒットを強化することが全体的な上達につながるのは理解できるでしょう。

ラグビーの様々なプレーの中で、ヒットするときに重要なのは「体幹を固めること」と「足を強く接地すること」です。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

体幹のことは後述しますが、まず「足を強く接地すること」とはどういうことでしょうか。

片足を浮かせたまま相手と当たることを想像してみてください。

どう考えても、すぐによろけてしまうことは明らかです。

このように、両脚でしっかりと地面に踏ん張ることは、力を出すためにとても重要な事なのですが、初心者のプレーを見ていると、片足が浮いた状態で相手に当たってしまうことが非常に多くあります。

理想的には、少し足を浮かせて当たる瞬間に地面を強く踏む、という形が最も力を出せる状態だとされています。

足を浮かせると言っても、ほんの少し、1cm程度で構いません。

どんな状況でヒットする場合も、当たる時には相手に近い方の足を一瞬浮かせて、強く地面を蹴るように接地してください。

また、できれば相手に近い方の足は、できるだけ相手の身体に近いところに接地するようにしてみてください。

これだけで、力を惜しみなく発揮できます。


2.体幹を固める

体幹とは腰から肩にかけての部分のことですが、ここが固まっていない状態で当たってしまうと、下半身からの力が上手く上半身に伝わらず、「ふにゃふにゃ」という状態になってしまいます。

かといって、いつも固めたままでは動きも固くなりますし、走ることすらできなくなってしまうでしょう。

ラグビーだけでなく、格闘技でもアメリカンフットボールでも、ヒットを伴うものは共通して同じことが言えます。

普段はリラックスさせておき、当たる瞬間に体幹を固める、というのが理想です。

そのための練習として、以下のような簡単なものがあります。

・2~3人がハンドダミーを持って、プレイヤーにランダムに当たりに行く。

プレイヤーは当たる瞬間だけ身体に力を込め、ダミーが離れたら力を抜いてリラックスします。

ちなみに、ダミーを持っている方も、同じように当たる瞬間だけ力を入れることで、同じように練習できます。


3.常にヒットの瞬間は自分から

もうひとつ意識してほしいのは、どんな状況でも、ヒットする瞬間は自分から当たりに行くことが大切だということです。

ラグビーでは思いもよらない死角からタックルされたり、ボールを受けた瞬間にタックルされたりという状況ですが、いずれの場合でも身体を固めるだけの一瞬の時間はあるはずです。

そのとき、当たるポイントをズラしたり、こちらから相手がタックルしにくいような当たり方をすることで、相手の思い通りにさせない状況に持ち込むこともできます。

これは相手に対して強くヒットすることとは少しイメージが違いますが、真正面から当たることだけがヒットの「強さ」ではありません。

ラグビーでは、ヒットした後いかに自分に有利な状況を作れるか、が上達に大事な要素なのです。


4.まとめ

ラグビーの試合を見ていると、強い選手が次々に相手を弾き飛ばして前進するシーンに興奮することも多いでしょう。

そうした選手たちは、身体が大きく強いという要素もありつつ、自分が一番強くヒットできる状態を熟知し、かつ無意識に身体がそれを実行できるのです。

いつの日か、ヒットでは誰にも負けないという自信を得られるよう、ぜひ練習に励んでください。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ