今回紹介させていただくのはモールの事についてです。まず先にモールの有効性について説明させていただきます。

モールはルール的に非常に守られている戦術だと私は考えています。モールを武器にするラグビーチームも多いと思います。


1.モールの練習アタック編

まずモールはラインアウトからの形成が、非常に強烈な武器になります。

なぜラインアウトからのモール形成が強いかですが、リフトを上げている間に、周りの味方はモールを組むための準備を行う事ができる事が1点、もう1つはリフトを下してからではないとディフェンスに入れないからです。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

つまりヨーイ、ドン!と言われてからでしかディフェンスできないという事です。

また通常ラグビーのフィールドプレーでは、禁止されているボールの前に立ってボールを守る事が出来るというのが非常に強力で、モールが崩れたり、横向かない限りボールから遠い場所でコンテストをするしか方法がないのです。

そんなモールを強力な武器にするには、まずどんなモールをするかチームで決めて練習を繰り返す事です。現代のラグビーではモールの種類も沢山あります。様々なチームを真似てチャレンジするのもいいでしょう。

モールのアタック練習メニューを紹介します。ラインアウトからモールを組みます。ディフェンスはパットを持った状態でディフェンスを行います。

タッチラインに3枚ほどマーカーをおきます。1番、2番、3番と割り振りコールした場所でラインアウトからモールを行い、トライ、もしくはモールが崩れたりターンオーバーされたら番号をコールして次のポイントからラインアウトモールを行い、これを5回ほど行います。

トライを取れなかったらバービーや腕立て、などペナルティーを付けてもいいと思います。


2.モールの練習ディフェンス編

続いて紹介させて頂くのはモールのディフェンスの練習メニューです。

ラグビーにおいてモールのディフェンスは非常に難しく、まずは一人一人が強い姿勢で相手の勢いを逃がさないように、ディフェンスしなければいけません。

モールのディフェンスを上達させるには、まず個人の能力が必要だと私は考えます。やり方は簡単で2人1組で行います。

ボールを持ったプレイヤー(アタック)は、後ろ向きディフェンスは相手の背中もしくはお尻辺りをバインドしてスクラム姿勢を取ります。

スタートのコールでアタックは、後ろを向いたままモールみたいにグリグリおしたり左右にずれたりをします。

ディフェンス側は力を逃がさないように左右にステップしながら押されないようにディフェンスします。これを相手がトライをとるまでか1分間守れるまで行います。

ディフェンスが力を逃がしてしまうと、立て直すことは非常に難しいので、まずは相手にずらされないように身体を正面の位置で止められるように調整する事が大切だと思います。

モールは非常に強力な武器なので上達すれば、ペナルティーキックからゴール前でラインアウトモールからトライ。と言った一連の流れでトライを生み出すことが可能となってきます。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ