ラグビーのラックではボールの争奪戦が行われます。

ラックの争奪戦戦で重要になってくるのが、オーバーです。

相手のオーバーを乗り越えることができたらボールを奪えるからです。

それではラグビーのオーバーの基本について解説していきます。


1.オーバーは相手より早く!

ラックが形成されると激しいボールの争奪戦が始まります。

なので、いかに早くラックに早くたどり着き良いポジションを得ることができるかが重要になってきます。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

オフェンス側のオーバーは相手のオーバーよりも遅く到着してしまうと、ボールを奪われる確率が高くなってしまいます。

なので、ボール保持者は孤立しないようにプレーしたり、オーバーのプレイヤーが機転を利かせて入らなければならない状況などがあります。

逆にディフェンス側はオーバーを相手よりも早くたどり着けた場合は、ボールを奪えるチャンスが増えます。

良いポジショニングを取れるかがオーバーでは大切です。

ボールを奪う方法はオーバーだけでなく、ジャッカルという方法もありますがラックになると手を使ってはいけないので、ジャッカルからオーバーに切り替える必要があります。


2.ラックは捨てることも大切

オーバーに無駄に人数をかけてしまい、ディフェンスに穴ができてしまうということもあります。

オーバーに無駄に人数をかけるというのは、ボールが取れないのに無駄にラックに入ってしまうことを言います。

ラグビーのラックではこの判断が勝負を左右すると言っても良いかもしれません。

もちろん、人数をかけずにボールを奪うことが理想ですが、人数をかけないというのもいつまでたってもボールを奪い返すことができません。

ボールを奪えそうなラックには人数をかけてまでオーバーに行く必要があります。

その見極め方はとても難しいのですが、基本的には相手のオーバーが遅れた場合や相手のオーバーが少ない場合には勝負するべきだと思います。

フランカーやナンバーエイトの選手はこの感覚を身につけておく必要があります。


3.オーバーの姿勢

オーバーの姿勢は腰を落として、相手にめくられないような態勢を取ります。

めくられそうになった場合は倒れている選手を掴み意地でもそのポジションを奪われないようにしましょう。

ラックではポジショニングが大切と言いましたが、あるところからはがされると一気にオーバーされてしまいます。

姿勢を保つことも大切です。

高い姿勢だと足を持たれて簡単にオーバーされてしまいます。

常に低く構え、オーバーに対して備えるようにしましょう。

ラグビーのラックのオーバーについて解説してきました。

ラグビーの中で最も局面の多いラックだからこそ重要な技術になります。

チームの中でもよく練習するようにしましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ