ラグビーは、スピードとパワーを使って、戦略的に陣地を確保し、得点ゲームをするボールゲームスポーツです。

パスをすることで密集から分散へと展開し、ゴールラインを越え、ボールをグラウンディングし、トライとなります。

効果的で戦略的なパスを正確に通すことによって、相手の陣形を崩し、ラインブレイクすることが可能となるのです。


1.ストレートパスのコツ

平行パスです。

ボールを受ける相手が取りやすいように、ボールが立ったまま平行に移動するようにします。

パスを受ける際は、手のひらの親指をくっつけてボールをしっかり受け止めるようにしましょう。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

最初は、受ける側の胸を壁のように使い、手と胸でパスされたボールを受け止めて下さい。

握力をつけ、慣れてきたら、手だけでつかめるようにしてください。

受けたボールを腰の上あたりまで降ろし、ここから、投げたい相手に対して、ボールをパスするわけですが、手首の返しでパスを出すと言う感覚を持ってください。

ストレートパスのコツは、このスナップを使って押しだすということにあります。

イメージとしては、ぶどうの実を剥くように、親指で押さえ、中から押しだすように、小指、薬指、中指の力でパスをします。

腰を入れると、更に強いパスができますし、同時に、肘を開いて、ひじ関節の返しで押しだす力を補強します。

上達すると、クイックモーションでパスを出すことができるようになります。

このパスは、バックスのライン攻撃の時のパスとして、近い相手に対して出すパスです。

飛ばしパスなどに使うと、ナックルボールのように変化する場合がありますので、あまりお勧めしません。


2.スクリューパスのコツ

良く使うのが、スクラムハーフです。

回転を掛けることによって、まっすぐ、ボールの姿勢を維持して、遠くまで投げることができます。

回転を加えて投げる側の手をメインに、逆の手はボールを支え、親指で回転に合わせる程度にします。

このパスも手首を使うことが、素早い動作でパスが出せるようになるコツです。

効き手を使ったパスと同様に、逆の手を使ったスクリューパスも練習してください。


3.オフロードパスのコツ

現代ラグビーは、特に南半球で行われるラグビーでは、このオフロードパスというパスが多いのが特徴です。

多くは、フォワードが使うのですが、タックルを受けながらも、ポイントを外し、倒れながらも、半身、もしくは片手でボールをコントロールしてボールを繋ぐパスのことを言います。

コツとしては、まず、タックルポイントをずらすこと、次に、身体のバランスをコントロールしてパスがきるような状態にすること、そして、パスを受ける側との意思の疎通でしょうか。

オフロードと名が付くように、通常のパスではありません。

しかし、フォワード、バックス両方とも、ボールを繋いで前に出て、走りきるというダイナミズムを維持するためには、このオフロードパスは必要な技術ですね。


3.まとめ

ラグビーは、パスをつないでトライを取ります。

それが一番ポピュラーな戦術です。

楕円球というラグビーボールをいかに素早く、安定した形で次の受け手にパスするかで、攻撃のキレが変わってきます。

ここに上げたパスのコツは、いずれも手首のスナップ、及び握力によってさらに上達に磨きがかかりますのでその点も忘れずに練習してください。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ