ラグビーのパスの持ち方について解説していきたいと思います。

ラグビーのパスに関して持ち方は次にパスする場合など持ち方によって素早くパスできるかが決まってきます。

基本的な持ち方から解説していきます。

1.ラグビーボールの腹

パスにつなげるために最初に受ける時のキャッチが大切です。

ラグビーボールは楕円球のためどこを最初にキャッチするかが重要になってきます。

ラグビーボールの腹をきちんとキャッチすることが大切になります。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

腹をキャッチすることができればスクリューも放れるし、クイックパスも放れるからです。

またどちらにも放れるという利点もあります。

よくラグビー初心者の方はスクリューパスを投げる時、ラグビーボールの先端を持って投げるという人がいますが、このような持ち方だと片方にしかパスすることができません。

わざわざ持ち替えて投げなければならないので、素早い判断が必要なラグビーでは致命的です。

2.スクリューパスの持ち方

スクリューパスの持ち方について説明していきたいともいます。

キャッチをする時はやはりボールの腹をキャッチします。

そしてスクリューを投げたい時は投げたい方向の手の親指を引っ掛けるだけです。

反対の手はボーリングの球を投げるみたいにスルーします。

最後に小指でボールを弾く感じです。

わかりやすく説明するために右のほうに投げたい場合について解説します。

ハンズアップした手でボールの腹を持ち右手の親指を下に倒します。

そして左の手はボールを放る際にボーリングの球を投げるみたいにスローします。

練習としてまずは片手で放る練習をしましょう。

ボーリングを投げるみたいに練習すると良いでしょう。

片手でもスクリューが放れるようになったら、両手を添えて投げる練習をしましょう。

片手で放る時はボールが横になっても構わないのでスルーを意識して投げましょう。

3.クイックパスについて

クイックパスについても持つ場所は変わらずボールの腹を持ちます。

このパスはどちらにもすぐに放れるようにしなけらばなりません。

近くにいるプレイヤーに向けてのパスになります。

このパスの気をつけなければならない点は取った位置からそのまま下に下げずに投げるということです。

よく大きな円を描いて放ってしまうという投げ方をしている人がいますが、クイックでほうらならなけらばならないので、いかに取った位置からそのまま放れるかが大事になっていきます。

取り方はボールが来る方向の足(左からボールが来る場合は左足)をボールをもらう瞬間に出してとります。

バックス陣はこの取り方ができるようになればクイックパスができる一歩になりますので、取り方から意識していきましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ