ラグビーにおいてセットプレーは物凄く大切な事で、セットプレーが安定させられれば試合の流れがブレる事が少なくなると思います。

逆にセットプレーが安定させる事が出来なければどんだけバックスが良くても負けてしまう可能性が高くなってきます。


1.同じシチュエーションでアタックディフェンス

ラインアウトの成功率を上げる為には様々な工夫が必要だと思います。ラインアウトは高さかスペースで獲得していくものだと私は思っていますので少しでも相手より勝る能力を付けていかなければいけません。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

No27

まずはやり方を説明します。1番 2番 3番 4番とマーカーを置きスローワーが番号をコールします。コールされた番号でラインアウトを形成し獲得するのを5回1セットで行います。

シチュエーションはアタックもディフェンスも一緒にします。例えば最初は2直のみで1セット行うならディフェンスは2直の場所でディフェンス、アタックは2直か2直フェイント2直のみでボールを獲得します。

どうやってボールを確保するかと言うと、高さで獲得したり相手より早くセットをして早くあげる等、方法は少ないですが獲得する方法は必ずあります。少ない選択肢の中で駆け引きをしながらボールを獲得する事です。

上げる場所を変えたりしながら様々なシチュエーションに変更する事が可能で、プレッシャーがある(ディフェンス)状態で練習を行えるので上達も早く、また相手に競り勝つためにキャッチを落とさなくなったりすると思います。

私はこの練習にペナルティーを付けてやる事もあります。アタックが5回中ボールを落とすごとに腕立て×5など失敗しない為に工夫をさせたりする事が上達する近道だと考えます。


2.ラインアウトジャンパー練習

続いて紹介させて頂くのはラインアウトジャンパーの練習方法です。ラインアウトジャンパーは高く真っ直ぐ飛ぶ必要があり、飛ぶ動作を早くすれば相手にプレッシャーが与えられます。

ジャンパーとして必要なのは動作を早く高く飛ぶことです。個人の反復練習になりますがしっかり練習しましょう。

やり方はラグビーのHポールの横の棒がある真下に行きます。その場所で膝を曲げて飛べる状態(ラインアウトの飛ぶ前)にしてポールにタッチ。着地したらすぐさま飛べる状態にして1秒たったらポールタッチを繰り返します。

準備段階からジャンプまでの一連の流れを身体にしっかり覚えこます事と、ジャンプの精度を上げる事が目的でまっすぐ飛べなければポールにタッチする事ができませんし、ジャンプの精度が低ければポールにタッチする事もできません。

ラグビーにおいてラインアウトは非常に大事な物だと最初にお話ししましたが、セットプレーつまりラインアウトとスクラムはポジショナルスキルでありながらチームスキルでもあります。

ラインアウトが強い選手であったりスクラムが強い選手はラグビーの試合で起用しやすいプレイヤーではないかと考えます。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ