ラグビーの試合はキックオフから始まります。

プレイスキックにせよ、ドロップキックにせよ、味方に有利な状況になるように蹴ることが求められます。

できれば、勢いをつけて攻撃に結び付けたいし、それが無理なら、できるだけ相手の奥の方のポイントに押しこむことで、次の展開が有利に行えます。


1.キックオフでボールを上げる場所


1.10メートルラインの近く

キックオフでは、ダイレクトタッチとノット10メートルは避けなければなりません。

自分たちが先に触って、マイボールにするために、10メートルを過ぎたあたりを狙う蹴り方です。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

ロックは、そのポイントに掛け込んでジャンプして取る練習をしてください。

ラグビーでは、空中の相手をタックルすることはできませんので、そのキャッチするタイミングを練習することで、マイボールにする確率が高くなります。


2.22メートルラインとゴールラインの間

この場所は、相手にとっては、危険ゾーンになり、そこにキックオフのボールをコントロールすることは難しい場所です。

失敗するリスクがあるので、蹴り方を工夫して、何度も練習し、精度を上げる必要があります。

無理にタッチラインに近づける必要はありません。ボールを高く上げることで味方がそのポイントまで走り込むことができるので、競り合うことができます。


3.逆サイドの10メートルラインの近く

フォワードは密集戦で、バックスはラインを敷いて走り込む準備をしています。

逆サイドに蹴ることで、相手の意表を突く作戦です。

状況を変える必要があり、マイボールにしたいという気持ちが強い時にやるサインプレイです。

成功するポイントは、相手よりも速くボールに触り、保持するということです。

インサイドかアウトサイドのセンターが走り込んで、獲得します。

注意すべきポイントは、ノット10メートルという反則をしないこと、そして、ノックオンをしないことです。


4.逆サイドの22メートルラインとゴールラインの間

これは、相手のウィングのバックスペースを狙って蹴る蹴り方です。

できるだけ高く蹴って、ハイパントと同様の効果を狙う蹴り方です。

つまり、できれば、ボールを獲得したいが、それが出来なくとも、キャッチした相手を押しこんで、有利な陣形にするという方法です。


2.キックオフの蹴り方で注意すること

タッチラインをダイレクトで割らない蹴り方は、角度をつけて高く蹴りあげることです。

ドロップキックの場合は、身体を開いて、後ろに重心が残るイメージで蹴ると、ボールが上に上がりやすいです。

プレイスキックの場合は、足首を曲げて、足の甲と足首ですくう感じで蹴ると、上に上がる球を蹴ることができます。


3.まとめ

ラグビーでは、キックオフから攻撃的に行きたい時、蹴る場所と蹴り方で、展開が変わってきます。

相手の隙を突き、次の展開を有利に進めるために、いくつかの蹴り方を紹介してみました。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ

ラグビーがもっと上手くなりたい人へ
ラグビーが驚くほど上達する練習教材
ラグビーのキックが上手くならない
生徒・子供に上手く指導できない
高校や大学から始めたけど、もっと上を目指したい

そんなアナタにおすすめなのが、 「ラグビーが驚くほど上達する練習教材」 です。

ラグビーが驚くほど上達する練習教材は、 元日本代表選手や有名大学のコーチ などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にラグビーが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のラグビーが上達する練習教材を紹介します。
ラグビー・キック上達革命~チームを勝利に導く正確無比なキックを習得する方法~
【元・日本代表、現・日本代表コーチ栗原徹監修】

ラグビーのキック上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元日本代表で日本代表コーチの栗原徹 が教えるキックとプレースキックの秘訣です!!

これさえ身につければ、チームを勝利に導く、正確無比なキックのスペシャリストになれます!

しかも 180日以内でレベルアップしなかったら全額返金 されるので、安心して取り組めます!