ラグビーのボールをキャッチするのは、普通のボールに比べ難しいです。ですが、キャッチが上達すればボールが吸い付くようにキャッチできるはずです。キャッチはボールと一緒に過ごした時間上手になる可能性があります。


1.ボール遊びを友達としよう

ラグビーボールで遊ぶことにより、キャッチの能力は上がってきます。もちろん練習もしなければいけないのですが、空いた時間ラグビーをする仲間同士で遊ぶ事も重要な事だと私は思っています。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

その遊ぶ内容がただ遊ぶだけでなく、ルールを決めた中でやれれば尚上達は早まります。そしてゲーム性がある練習になるので、勝ちたい!この選手より長く遊びたい!と思う気持ちがあれば能力は必然と伸びていきます。

5人くらいで行う練習で、人数が増えても減っても練習可能です。練習を行う人数で円を作って貰いボールは一つでパスをしていきます。

最初は隣の選手と間を広げて行いましょう、パスを自由にしてもらうのですが、キャッチする側の選手はキャッチする前に一度手を叩きます。

パチンと音を立ててからキャッチを行います。これをボールを落としてしまった選手やパスをミスした選手、またはボールを投げられていないのに手を叩いてしまった選手などはペナルティーを行うといった練習です。

投げるフェイントをしたりパスに緩急をつけたりと、様々な工夫を選手たちが行うでしょう。

ボールを落としてはいけないので、どんなボールもくらいついてボールを取りに行こうとします。これはラグビーの仕事においても必要な事で、どんな困難なボールも確保しに行く努力は非常に大切です。

ボールの数を増やしたり、ルールを細かくしたり様々な工夫をすれば、なお一層上達できると思います。またコーチの方と一緒にやったりコミュニケーションも取れるので、練習前の時間などにやってみてはいかがでしょうか。


2.ボールをキャッチしながら視野を広げる

続いて紹介させて頂く練習は、ボールを2球使いキャッチしながらパスをしながら、非常に視野が必要な練習メニューとなります。

この練習メニューはボールを陰で捉えながら、ボールをキャッチする感覚が身に付く事ができ、ボールばかりを見てキャッチするのではなく、周りの状況もみながらキャッチする事ができるようになります。

やり方は、3人1組でボール2球用意します。横一列に並んでもらい真ん中の選手が練習する選手です。

ボールは最初真ん中の選手と横のどちらかの選手に持ってもらいスタートします。

真ん中の選手はボールを自分の上に浮かし、浮かしている間にパスを貰い反対にパスを行います。

自分が投げたボールが上から落ちてきたらもう一度キャッチし上に投げます。これを繰り返す練習になります。

非常に難易度の高い練習ですが、視野が広がりボールタッチもよくなります。ボールタッチをミスすると真ん中で渋滞がおこり、裁き切る事が出来なくなります。ボールをしっかりキャッチしパス、キャッチしパスを繰り返しましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ