ラグビーというスポーツは一人で練習する事が、すごく難しいスポーツです。まずボールが楕円形で壁などにパスをしても自分の元に返ってこない、などなかなか一人の練習方法が思いつかなかったり、少なかったりするのではないかと思います。

今回ご紹介させていただくのは、ボールを持って行う練習方法です。


1.一人でステップ練習~ボールの持ち替えを素早く行う~

今回紹介させていただく練習は、ステップの練習を行いながら相手の位置によってボールを持つ場所を変える練習になります。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

練習の仕方は簡単で△の外側を、スピードを上げて通るだけ!なのですが内容は簡単ではありません。まず1番に気を付けてほしいことはボールの持ち方、持つ場所です。

△が相手と見立ててのシチュエーションになりますので△とは反対の位置でボールを持ちましょう。続いて△の外側を走り、最短でゴールを目指しましょう!やる事は少ないのですが、上達すればするほどランスキルの奥深さに気づくことができると思います。

プロのラグビー選手を写真もしくは動画で見ると気が付く事があると思います。それはボールの持ち方ではなくボールを持っている場所です。

「ボールは相手から遠い方の手で脇にしまう」これはラグビーをしていく中で凄く重要なポイントだと考えます。

ある程度レベルが高いチームの動画、写真などを見るとほとんどの選手ができている事です。

相手からボールを遠ざけボールを失う可能性を低くする!ボールを何があっても絶対落とさない事は難しいですが、ボールを落とす確率を減らす事は可能だと思います。


2. ボールを使って腕の中でボールを旅させよう

ボールを使って一人でき、空いた時間とボールさえあればできるメニューを紹介させていただきます。

まず両腕で大きく体の前に円を作ります。その作った円の中を時計回り、逆時計回りとボールを旅させましょう!

上手く回転をかける事でボールが腕、身体のラインにそって転がっていきます。上達すれば2回ほど身体を転がっていく事可能になり、喋りながらでもできるようになっていきます。

時間が空いている時、ボールはあるけど練習開始まで時間がある時など、この練習方法は様々な場所で活用することが可能です。空いている時間にもボールを触りラグビー上達を目指しましょう。

他の人より多くボールに触る時間が多ければそれだけラグビーが上達できる可能性があります。ボールタッチが柔らかくなりたい!ボールをよく落としてしまう(ノックオン)など、ボールを触る機会が多い少ないに限らず悩みは多くあると思います。

沢山ボールと遊び沢山ボールと一緒の時間を過ごす!これだけでもラグビーの能力はなにもしないより、確実に成長できると思います。みなさんいっぱいラグビーボールを触っていっぱい仲良くなろう!



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ