コンタクトプレーが魅力のラグビーですが、相手に当たらずに抜かなければならない1対1の場面も出てきますね。

ラグビーのプレイヤーなら誰でも、襲いかかるディフェンスを巧みに交わし鮮やかに抜き去っていくプレーに憧れ、観客を魅了したいと思ったことがあるはずです。

ここでは、そんな1対1の場面でぜひ使いたいステップの技術を見ていきます。


1.サイドステップ

ステップには数種類ありますが、中でも試合でよく見かけるのがサイドステップです。

狭いスペースでもスルッと相手を抜き去っていけ、万が一つかまれても相手と正面からヒットすることにはならないため、フォローしてきた味方にボールをつなぎやすくなることが多いです。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

よって、バックスだけではなくフォワードの選手もぜひ上達させてほしい技術です。具体的に見ていきましょう。

守備の左側を抜きたいときは、右足で地面を強く蹴ります。右側を抜きたければ左足です。

02.で見た「3歩ステップ」を身に着けているとやりやすくなります。

実際に相手を抜くときは、抜きたい方向とは逆に一歩ステップを踏みこみ、その足で反対側に強く蹴って抜くのが基本です。

こうすることで、相手は抜かれる方向と逆に一瞬重心が移動し、相手のバランスを崩すことができます。その隙に一気に抜き去る、というわけです。

サイドステップは急激に方向転換をするため、スピードに乗ったままステップを切ることに成功すればかなり抜きやすくなります。

相手の一瞬の隙をついていかに素早く走り抜けるかが勝負です。

つまり裏返して言うと、スピードが落ちた状態ではあまり成功せず、むしろディフェンスにつかまれてしまいます。

サイドステップを上達させ成功させるコツは、上半身はできるだけ前を向いたまま動かさず、腰から下をしっかりと使って動くイメージが大切です。

上半身ごと横を向いてしまうと、行きたい方向が相手に分かってしまいますし、方向転換もしにくくなります。

もう一つのコツとして覚えていただきたいのは、できればディフェンダーに向かうように走っていき、直前でスピードを緩めて、抜く方向と反対に一歩強く踏み出して、次の瞬間に逆方向に抜き去るというのが効果的です。

これを「チェンジオブペース」とも言いますが、スワーブに限らずステップの上達には非常に重要なポイントです。


2.スワーブ

サイドステップとは対照的に、広いスペースがあるときに、スピード勝負で抜き去っていく技術です。

最初に相手に対して縦に入るか、または抜く方向に対して一瞬反対側にステップを踏み、相手のバランスが一瞬崩れた隙にスペースを広く使いながら大きな弧を描くようにして相手から逃げます。

コツとしては、縦を見せるときに少しだけ減速し、横に出るときに一気に全速に戻すことです。

スワーブの場合、特に足が速いウィング、フルバックの選手などはスペースさえあれば相手を置き去りにすることもできます。

外に逃げ始める前に、相手に対して「縦に走るぞ」ということを見せるだけで、格段に成功率が上がります。


4.まとめ

ステップには他にもいろいろありますが、代表的なこの2つの技術は、同時に相手を抜き去るという上で最も基本的かつ効果的な技術です。

これらのステップ技術が上達すると、フィールドを走るのが楽しくなってきます。

ぜひ頑張って身に着けてください。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ