今回はラグビーで避ける事ができないラックについて紹介させていただきます。ラックにはラックができる前の状態。

つまり立ってコンタクトをする時の状況がラックを作る時に大切な事だと私は考えます。


1.有利なラックを作る為に

ラックを作る時に皆さんはどのような事に気を付けていますか?私は大前提として相手にナイスタックルされてしまうとラックの維持が難しい、つまりターンオーバー(ボールの権利を失う)されやすくなってしまいます。

相手にナイスタックルをされてしまうと、相手は戻らずにまっすぐボールをゲットしにきます。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

早く地面に倒されてしまえば、相手にチャンスになり味方が寄る時間があれば、確保できる可能性は高くなります。

今回紹介させて頂くのは、ハンマーと言われるスキルでラックを有利に進めようと思った時に大切なスキルだと私は考えます。

まずは練習メニューを紹介させていただきます。

No28

左側の○の人間にボールを持ってもらいコンタクトする人間にパスを出します。パスを出したらすぐさまダウンをしてコンタクトしている人間に対してハンマーをします。

このハンマーが大切で、ヒットした瞬間は足が止まってしまう可能性がありますので、それを一緒に押し込むスキルになります。

ハンマーで一緒に押し込んだらヒットした人間を寝かせて、目の前の敵をオーバーします。

味方と一緒に押し込む事によりゲインラインを突破できさらに相手を排除(スイープ)する事ができます。

また実際の試合だと、味方が寝た時に一緒に寝てしまうことがよくあると思うので、練習でも一緒に倒れてから一緒にオーバーしてもいいと思います。

ハンマーには勢いが大切でゆっくり手から行っても相手は動いてくれません。大切なのは目の前の塊を前に動かす事です。身体をぶち当てて塊を進ませましょう。


2.飛行機のテイクオフを真似よう

続いて紹介させて頂くのはラックオーバーの練習になります。ラックが出来てオーバーをする時の姿勢の練習でラックオーバーの基礎となってくると思います。これが上達すればボールを確保できる可能性はあがり、ボール継続率を上げる事が出来るでしょう。

練習方法はまず一人にパットを持ってもらい、その前でダウンしてオーバーダウンしてオーバーを繰り返す練習になります。しかし意識して欲しい事があります。

飛行機が離陸するとき下から上に上がって徐々に飛び立ちます。その動きをイメージしながら練習をしてみてください。

下から上にオーバーをする事により強い姿勢でラックオーバーをする事が可能です。これはタックルでも使える事でラグビーにおいて強い姿勢だと言われています。

最近のラグビーではアタッキングラックをするチームが増えてきたイメージがあります。保守的なラックではなく、あくまでも攻めの姿勢でラックを作っていく事によりアタックテンポを上げると言った戦術もあります。

ラックを上達させれば戦術も増えていきますので是非ラックの練習を取り入れましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ