ラグビーのドロップキックの蹴り方の難しさは、ワンバウンドさせて蹴るため、タイミングの合わせ方にあります。

ある程度練習していけば、コツをつかみ、できるようになります。

でも、正確に狙ったところに蹴るためには、それなりの練習をしないと、いつまでたっても蹴ることができるという程度で終わってしまいます。


1.ドロップキックの蹴り方のコツ


1.跳ね返るタイミングをつかむ

ドロップキックは、ワンバウンドさせて蹴るわけですが、待ち過ぎると空振りをしてしまいます。

初心者でドロップキックに苦労している人は、このタイミングを遅らせすぎてしまい、蹴るポイントよりも上にボールが来てしまって、空振りするわけです。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

基本的には、地面に着いてすぐに蹴れば、誤差も少なく、安定した位置で蹴ることができるのです。

ボールが地面に着いたら、すぐに蹴りあげることが一つのコツなのです。


2.落とすボールは一定に

楕円球の中にある丸い球体をイメージしてください。

ボールが跳ね返った時に、その球体のどこの部分にキックポイントが来るかを考え、上に飛ばすか、前に飛ばすかを選択します。

そのため、地面に正確に落とし、自分が狙った位置に跳ね返らせることが、次のコツです。


3.蹴る姿勢を変えることで上がる角度を決める

次に、足の角度でボールの上がる角度を決めます。

この球体の下側を強く蹴りあげればボールは上に上がりますし、横側を蹴れば、前に行きます。

そのため、蹴る姿勢は、やや上体を開き気味で蹴ると上に行きますし、立った状態で蹴ると前に行きます。

蹴りあげる足の角度を姿勢で調整し、力の加減で距離を調整することがコツの一つです。


2.正確に狙った場所にキックする

試合開始の時と、後半の開始のキックオフ以外で、得点後の試合再開のキックオフは、ドロップキックで行われます。

この時、10メートラインを越え、しかし、サイドラインを越えてはならず、その上、フォワードがその場所に追いつき、獲得する時間を稼ぐために、ボールを高く蹴りあげることが求められます。

この時は、ラグビーボールの中の球体の下側を蹴りあげたいわけです。

インステップキックの甲で蹴る場合は、跳ね返ったボールの下に足を入れるため、身体を開いて、身体の前から上に蹴りあげるようにしてください。

違った蹴り方としては、トーキックで、地面に着いてすぐに蹴りあげる方法があります。

この蹴り方は、つま先で蹴るため、やや不正確になりますし、強いキックにはなりません。

しかし、上に上げることを主な目的とした蹴り方ですので、雨天でグラウンドがぬかるんでいたりしていた場合に、有効な蹴り方です。

不安定なキックですが、比較的簡単な蹴り方です。

何度も練習して、自分のものにすれば、安定すると思います。


3.ドロップゴールを狙う

ドロップゴールは、連続攻撃を続ける中では、唯一、ゴールを狙える手段としてドロップキックを使って狙えます。

フリーキックが与えられた場合は、ワンプレイを挟んで狙うことができます。

この場合は、相手との距離がまだあるので、チャージされる危険は少ないです。

ドロップゴールは、ドロップキックが上達した結果、得点が狙える武器となります。


3.まとめ

ラグビーで、ドロップキックの蹴り方が難しいのは、グラウンドコンディションによって跳ね返り方が違うということと、動いているボールなので、正確に足の甲にピンポイントで当てることができないということがあります。

上達するためには、上記の理屈をまず理解し、正確に球体のピンポイントと足の甲のピンポイントを当てることを練習し、習得することが必要です。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ