ドロップキックは使用頻度が少ないスキルですが、重要なポジショナルスキル、個人スキルの一つだと私は思います。その理由はまずゲームの開始がドロップキックから始まるからです。

今回紹介する練習メニューは①狙った位置に落とす、②Hポールを使って高く蹴る。の2点です。


1.狙った位置に落とす

ドロップキックの時に狙った位置へ蹴るのは難しいと思います。それは一度地面に落とすのでボールの特性上難しい、ですが狙った位置に落とすことができればゲームの最初、キックオフから流れに乗ることができる1つのきっかけとなります。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

まずは三角形を作ってもらい、3人でドロップキックを蹴るのですが最初は近くから始め、コントロールのみを意識したドロップキックを行います。

近い場所からミスが多くなれば遠くなれば、もっとミスをする可能性は増えてきますので、確実に外さない位置で始めだんだん外に広がりながら蹴ります。

ドロップキックの上達のコツは、以前紹介したスクリューキック同様落とす場所を同じにする事だと思います。落とす場所が同じなら同じようにボールは返ってきます。

そこに当てる場所が同じで力が同じなら必ず同じ場所に飛んでいきます。昨年話題になったルーティーンは同じように行動する事により同じ場所に蹴る事が出来るからです。

まったく同じ場所にキックを落とすことはかなり難しいです。しかしある程度同じ場所に落とせればプロのキッカーでもかなり優秀です。同じ場所に同じようにキックを蹴れることがドロップキックの上達のコツです。


2.Hポールを使って高く蹴る

続いて紹介させて頂く練習方法はHポールを使った練習になります。ラグビーのキックオフはドロップキックから始まりますが、ボールを獲得する時に大切なのは狙った位置に落とす事だけではありません。

ドロップキックで高さを出すことによ、りボールが浮いている時間相手との距離を縮める事ができるのです。ラグビーのルール上キックオフからならば10m離れなければいけません。

つまり10mを走れる分だけ、ボールを空中に浮かす必要があります。10mを走っても余裕があれば、その後の行動にも余裕が生まれます。ドロップキックでは高さも必要なのです。

練習方法は簡単です。Hポールを挟み横のポールを超えるように蹴りあいます。ボールが低ければポールの下を通りますし、高ければポールの上を超えていきますもっと上達して慣れてくれば、なにか高い建物の上を通してもいいかもしれません。

ドロップキックを使う場面はラグビーの試合中で言えば3種類しかありません。1つはキックオフ、2つ目はドロップアウト、3つ目はフィールドプレー中のドロップショットです。

ですが、使用頻度以上の重要性がドロップアウトにはあると私は思っています。特にドロップショットは得点を入れるチャンスが数倍に膨れ上がると思います。しかしドロップショットはプレッシャーがものすごくかかったり、様々な障害があるので難しいスキルの一つです。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ