私的に思うラグビーですがアタックよりディフェンスの方が大切だと考えています。

もちろんアタックも大事なのですが、極論、相手に点を上げなければ負ける事はないからです(同点か勝ちしかない)今回紹介するのはディフェンスの基礎の練習になります。


1.フロントタックルをできるようにしよう

タックルには様々な種類があります。もっともタックルの基礎となるのがフロントタックルです。フロントタックルは簡単に言えば正面のタックルになりますがこれが意外とできない学生が多く感じます。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

相手が向かってきたのに対してパワーフットで一歩踏み込む事ができなかったり、正面の相手に対して目を閉じてしまったり、相手の勢いを止まった状態で受けてしまったりと修正する箇所は沢山あると思います。ではどのような練習方法か説明させていただきます。

1vs1で正面に立っていただきアタック側にマットを敷いてもらいます。マットがない場合は何かクッションの代わりになるものがあるといいと思います。

ディフェンスは100%の力でアタックは受けてあげるイメージで倒れてあげましょう、あまり粘ったりしっかり当たってしまうと怪我の可能性があります。

ディフェンスは最初逆側に向きうつ伏せでダウンします。アタックにスタートの合図を出してもらったらすぐさま起き上がり走ってくる相手に対してフロントタックルを行う練習になります。

ラグビーのコンタクトをする瞬間のパワーは体重×パワーです。つまり相手がボールを持って走ってくれば、スピードがある状態でディフェンスとぶつかる事になります。

それに対してディフェンスの足が止まってしまえば単純にゲインラインを突破されやすい状態になる訳です。

少しでもスピードを付け身体を当てる瞬間に関節などのパーツを使ってスピードを上げる事によりナイスタックルが生まれると考えます。


2.ノミネートをしながらバックする

続いて紹介するのはこれもディフェンスの基礎となるノミネートです。ラグビーのノミネートは指を指しながら誰を見ているかを味方に報告もしくは自分で確認する行為になります。

ではなぜラグビーのディフェンス基礎としてノミネートが必要かと言うと誰か誰を見ているかを確認もしくは相手を見失ってしまうとディフェンスができないからです。必要ない場所に人数を置いてしまうとスペースが出来てしまいます。味方内で混乱しないようにしっかりノミネートしましょう。

No31

練習方法の行い方は赤●の人間はディフェンス、黒●はアタックになります。コールが鳴ったら赤●のディフェンスはオフサイドラインまでノミネートをしながら戻りボールが出たら前に出てディフェンスを行うと言った練習になります。

上達のコツは前を見ながら戻る事です。早く戻らなければいけないのですが、敵を見失ってからディフェンスをするのと、敵を確認しながらディフェンスするのでは大きな違いが出てきます。

チームによってはスペースを埋めるディフェンスなど様々な戦略があると思いますが、ラグビーの基本はノミネートを行う事から始まると思っています。

ディフェンスを上達させて負けないチーム作りをしていきましょう。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ