今回はラグビーのブレイクダウンについて解説していきたいと思います。

ラグビー初めての方は、ブレイクダウンとはなんぞやと思うかもしれませんが、わかりやすく解説していきたいと思います。

また、ラグビーではブレイクダウンを制すれば試合を制すことができると言われるほど大事な局面になります。

それでは、解説していきます。


1.ブレイクダウンって?

ブレイクダウンとはボールと争奪戦のことです。

って一言で言ってもわからないと思うのでちゃんと解説していきます。


ラグビー好きが集まるマッチングアプリ

タックルが成立するとタックルされた選手もタックルした選手も一度ボールを離さないといけません。

そして、そのボールを奪い合う時にできるのがラックであり(ラックはアタック、ディフェンス1人ずついて形成される)、そこでの奪い合いがブレイクダウンになります。

正確に言うと、ブレイクダウンではボールを奪い合うだけではなく、相手の攻撃を遅らせるためにも重要な局面になります。

このボールの奪い合いによって相手の球出しのテンポを遅らせることによって、ディフェンスラインを引く時間を稼ぐことができます。

このようにラックになってボールを奪い合うというのを総称してブレイクダウンと言います。


2,ブレイクダウンの重要性について

先ほどブレイクダウンを制すれば試合を制するという言い方をしましたが、なぜそれほどまでブレイクダウンが重要なのかということを説明していきたいと思います。


1.時間を稼げる

これはディフェンスの場合なのですが、たとえボールを奪えなくてもブレイクダウンが強ければ相手のアタックに対してディフェンスを有利にすることができます。

ディフェンスラインさえ揃っていれば前に出るディフェンスができますし、相手のアタックの人数に対して上回れる場合があります。

もし、相手のテンポで球出しされるならディフェンスラインが揃わず数的不利になってしまいます。
また、横とのコミュニケーションを取る時間もない場合はちょっとしたコミュニケーション不足によって抜かれてしまいます。


2.ボールを獲得するチャンスが広がる

マイボールにするためには2通りあります。

1つ目は相手のミスによってボールを獲得できる場合、もう1つはボールを奪うことです。

相手のミスは相手に依存するやり方ですが、ボールを奪うというのは鍛えればできます。

そして、ラグビーの試合の中で最も多い局面がラックであり、ラックができるとブレイクダウンとなります。

このブレイクダウンをいかに人数をかけずにボールを奪うことがディフェンスにとって重要です。

人数をかけてしまうともしボールを奪えなかった場合はディフェンスの数的不利になってしまうため、1人でも多くディフェンスラインに参加する選手が必要です。

理想はディフェンスの時は2人ブレイクダウンに参加が好ましいと思います。

最後に、ラグビーではブレイクダウンに入るにはおそらくタックルよりも怖いと思います。

しかし、ブレイクダウンを勇敢にいける人は必ずチームで重宝されます。

是非頑張って練習してください。



ラグビー好きがモテるマッチングアプリ